Morning of the Earth - Board Information

モーニング・オブ・ジ・アース

Morning of the Earth

サーフボード スペック

TRACKS TWIN トラックス・ツイン

THE SUPER FUN PERFORMANCE TWIN

スーパーファン・パフォーマンス・ツイン

TRACKS TWIN(トラックス・ツイン)はサイモンがモーニング・オブ・ジ・アースとしてシェイプしたオリジナル・モデルで、現在展開される他のモデルの原点となっています。シンプルなアウトラインとセミモダン・コンケーブ、それにクラシックなMRやアベリラのツインフィンモデルのようなグライド感と安定性を備え、モダンショートボードに乗り慣れた方には馴染みやすいデザイン。ツインフィンが初めてという方にもおすすめです。

<BOTTOM>シンプルでモダンなボトム形状。前足下からのシングルコンケーブ、テールにかけてダブルコンケーブ+VEEにすることで、サイズのない波でも推進力を生み出します。

<RAILS>90年代的なダウンレールで波に対する反応を高めつつ、ミッドセクションでは現代的なレールで安定感を保ちます。

<ROCKER>ロー・ノーズのエントリー・ロッカーでテイクオフを早め、薄く丸みを帯びたスワローテールで大きな波でも食いつきの良いテールコントロールを可能にします。

<TAIL>スワローテール

-----------------

TRACKS TWIN

THE SUPER FUN PERFORMANCE TWIN.

The Tracks Twin is the original board Simon created for Morning of the Earth Surfboards. It’s template is the base from which all new models are designed from.

With its simple outline and semi-moden concaves, it offers
a familiar feel for those used to riding modern shortboards, with the added glide and stability of the classic MR and Abellira twins.

For those unfamiliar with riding twin fins, the Tracks Twin is an ideal place to start. Anyone can ride this board and have a blast.

BOTTOM

The Tracks Twin uses a simple, fairly modern bottom shape - concave under the front foot, through to a vee with double concave. The vee lets the board roll onto its rail and take advantage of the outline curve.

RAILS

A 90’s throwback with a down rail entry allowing the board to knife into the wave, flowing into a more contemporary rail through the mid section.

ROCKER

A low nose entry rocker helps the board to knife in on take-off, with a thinner, rounder rail running out through the swallow, keeping the tail engaged in bigger waves.

Flat through the centre with a slight tail lift means these boards are fast, even over dead sections.

TAIL

Swallow Tail

シェイパー紹介のページに戻る

FIJI フィジー

STEP UP AND MID-LENGTH TWIN

ステップアップ & ミッドレングス・ツイン

10代でアロハ・サーフボードの工房でも経験を積んでいたサイモン。当時、創業者のグレッグ・クロウがチームのライダーであり世界チャンピオンにも輝いたバートン・リンチに作っていたフライヤー・ツインフィンが、サイモンに少なからずの影響を与えています。数年後のある日、ツインフィン・マスターのトレン・マーティンを訪ねたサイモンは、バイロンベイの小屋で偶然にもアロハ製のツインを目にします。これがきっかけでサイモンとトレンが当時のツインフィンの感覚を追い求め、誕生したのがこのFIJI(フィジー)です。幾度かのチューニングを終え、6‘6“のフィジーを持ってフィジーのクラウドブレイクに挑んだトレンは、ツインフィンが大波にも適していることを世に知らしめました。サイモンがシェイプするサーフボードの中でも、FIJIは特に彼自身のお気に入りで、「このボードを使うとサーフィンがよりスムーズに見える」と評判のモデルでもあります。

<BOTTOM>6‘5“までのサイズでは前足からコンケーブが入り、6‘6“以上のサイズではパネルVEEで水流をよりスムーズにリリースできる。テールに向けて深いチャンネルが入ることで波をしっかりホールドし、スピードとコントロール性に優れています。

<RAILS>90年代的なダウンレールで波にシャープに食い込みやすく、ミッドセクションからテールにかけては現代的なレールで安定感を保ちます。

<ROCKER>抑え目のエントリー・ロッカーで大きめの波でもロールインしやすく、中央部に向けてはフラットなデザイン。

<TAIL>ラウンドピンテールにわずかなフライヤー(ウイング)が入っています。

<STRINGER>6‘6“以上のサイズに対しては、トリプル・ストリンガーを入れることをサイモンは推奨しています。過度なしなりを抑え、ボードの劣化を抑えます。

-----------------

FIJI 

STEP UP AND MID-LENGTH TWIN 

Simon had worked at the Aloha factory as a teen, and the flyer twin pins that Greg Clough had been making for Barton Lynch resulted in some of the most inspiring surfing Simon had witnessed. 

Many years later one of theses Aloha twins reappeared at a shack in Byron Bay when Simon was visiting Torren Martyn. The boys knew that the shape was worth revisiting, so they went off to recapture that feeling, and the Fiji was the result. After some fine tuning, Torren brought a 6’6” version to solid Cloudbreak, drawing lines that proved to the world twin fins can be a legitimate big wave choice. 

Of all the boards he makes, the Fiji is Simon’s favourite. He mentions the way it can smooth out people’s surfing, with people often being told their surfing looks better on a Fiji. 

FINS 

Simon recommends his custom twin fin shape for this board. A full fiberglass MR style twin with a stiff flex and slight inside foil to smooth transitions. Futures base. 

STRINGER 

From 6’6” and up, Simon prefers to use a triple stringer blank, which reduces excess flex and keeps the board feeling alive and springy over time. 

BOTTOM 

Smaller versions (up to 6’5”) use concave under the front foot. Larger versions (6’6”+) change to a panel vee to spread water more and smooth the flow. Deep channels run all the way through to the tail. The channels get the board sitting down into the wave more, helping to engage and have more control in at speed. 

RAILS 

The rails are a 90’s throwback, with a down rail nose entry allowing the board to knife into the wave easily. Contemporary rails flowing through the centre and towards tail. 

ROCKER 

Low nose entry for easy roll ins on bigger waves. Flat through centre. 

TAIL 

Round pin with slight flyer. The flyer is a natural effect of the channels exit in the tail, the slight hip reduces the tail area and adds some bite. 

シェイパー紹介のページに戻る

LITTLE BOARD OF HAPPINESS リトル・ボード・オブ・ハピネス

BUILT FOR PURE HAPPINESS IN SMALL WAVES

小波を楽しむためのサーフボード

トレン・マーティンが「トラックス・ツインの小型版が欲しい」というたっての希望で生み出されたのがこのモデル。単にテンプレートを短くしただけではワークしないと考えたサイモンは、スティーブ・リズのフィッシュが持つ直線的なレールから着想を得て、スピードとコントロール性を保ちながら、大柄な体格にも向いたスモールボードを研究しました。その結果、小さな波でも大きな波でも楽しめる小型サーフボードとして完成したのがこのLBOHです。このボードの名前は有名な映画「モーニング・オブ・ジ・アース」の監督であり、またサイモンの良き友人でもあるアルべ・ファルゾンに由来します。最初にこのプロトタイプを手にした彼が試乗した際の感想“The Little Board of Happiness”を、そのままモデルネームにしました。

<BOTTOM>ショートサイズを生かす、ミニマルなボトム形状。シンプルで制御しやすく、波の上での抵抗も最小限に抑えられている。

<RAILS>コンテンポラリーな50:50のデザイン。

<ROCKER>全体的にフラットな形状で、テール部分に抑え目のリフトが施されている。

<TAIL>ムーンテールでレールの長さを損なうことなくテールのボリュームをダウン。水流がこのテールの“牙“を包むことで回転性や切り返しがしやすくなります。トレン・マーティンはこのテール形状がチューブの中でも非常にワークすると言っています。

-----------------

LITTLE BOARD OF HAPPINESS 

BUILT FOR PURE HAPPINESS IN SMALL WAVES

The concept of the LBOH was based around Torren Martyn desiring a shrunken version of the Tracks Twin. Simon knew that simply shrinking the template wouldn’t have worked, so he took notes from the straighter rail of Steve Lis fishes to keep the run and drive, and allow a small board work for a bigger guy.

What resulted was an incredibly fun, fast board that travels through turns, projects well and doesn’t skip out. LBOH is as happy skimming cross summer slop as it is in 6 foot Indonesian tubes.

If you were wondering, the name comes from the strong energy reading Albe Falzon (the man behind the Iconic Morning of the Earth film, and a good friend of Simons) was receiving when he was testing the first prototype of this board. The surfs he was having gave him so much joy that he christened it “The Little Board of Happiness”.

BOTTOM

Due to the shortened size, minimal bottom contours keep the board feeling simple and predictable. The board travels across the wave with very little resistance.

RAILS

Contemporary 50/50

ROCKER:

Fairly flat rocker throughout, with slight tail lift.

TAIL:

The moon tail reduces the volume of the tail without sacrificing rail length. Removing more foam from the tail allows the water to wrap around the “fangs” and knife into the face, keeping the tail from skipping under power. Torren found this theory to work exceptionally well in the barrel.

シェイパー紹介のページに戻る

Massive マッシブ

MID-LENGTH

ミッドレングス

マッシブはディック・ヴァン・ストラーレン(DVS)のスーパー・ストレート・レールのロングフィッシュにインスパイアされたモデルで、軽快なターンができ、かつ小さく穏やかな波にも心地良く乗ることができるサーフボードを目指して作られました。長く乗るほどに楽しめること間違いなしです。フィジーとほぼ同じ構造を持ちながら、マッシブではテイクオフが速く、スムーズに波を乗り繋げます。7‘10“サイズが人気ですが、7‘2“サイズはそれがあればどんな波でも楽しめるという1本です。

<BOTTOM>パネルVEEで水流をスムーズにリリースし推進力を得ます。テールにかけて深めにチャンネルが入ることでボードが波をしっかりホールドし、加速時の制御力を高めます。

<RAILS>ノーズはダウンレールで波への食いつきがよく、ミッドセクションからテールにかけては現代的なレールで安定感を保ちます。

<ROCKER >抑え目のエントリー・ロッカーで大きめの波でもロールインしやすいデザイン。

<TAIL>ラウンドピンテールにわずかなフライヤー(ウイング)が入っています。

<STRINGER>サイモンはトリプルストリンガーブランクを推奨します。

-----------------

MASSIVE 

BOARD TYPE 

The Massive was inspired by Dick Van Straalen’s super straight railed long fish. 

The idea was to have a board that turns well but flows over flat water and slow sections with ease. Length of ride and level of stoke are guaranteed. 

With much the same ingredients as the Fiji, but stretched out - the Massive is incredibly fast from the takeoff, and links sections beautifully. 

The 7’10” version is a crowd favourite, but the 7’2” is also a perfect one board quiver for travel. 

BOTTOM 

Panel vee to spread water and smooth the flow. Deep channels run all the way through to the tail. The channels get the board sitting down into the wave more, helping to engage and have more control in at speed. 

RAILS 

Down rail nose entry allowing the board to knife into the wave easily. Contemporary rails flowing through the centre and towards tail. 

ROCKER 

Low nose entry for easy roll ins on bigger waves. 

TAIL 

Round pin with slight flyer. The flyer is a natural effect of the channels exit in the tail, the slight hip reduces the tail area and adds some bite. 

FINS 

Simon recommends his custom keel twin shape for this board. A full fiberglas, performance keel with a stiff flex and slight inside foil to smooth transitions. Futures base. 

STRINGER 

Simon prefers to use a triple stringer blank, which reduces excess flex and keeps the board feeling alive and springy over time. 

シェイパー紹介のページに戻る